ワイモバイルの料金プランまとめ

ワイモバイルの定額プランについて

携帯電話を利用するときに重要になるのが料金プランです。利用していく場合には、月額ごとに料金が発生するからです。まずは、月ごとに出せる予算を算出して、それに見合ったプランを扱っているキャリアを利用するのがいいです。キャリアによって、サービス内容やキャンペーン内容が異なります。または、対応するエリアやサポートもちがってくるでしょう。

テレビコマーシャルをしている3キャリアに目がいきがちですが、料金プランでいけばワイモバイルが優っている部分もあります。まず、プランの内容がわかりやすいのが特徴です。すべての料金を含んだパックで扱っているからです。これなら、携帯電話を検討するときにも比較がしやすいです。

ワイモバイルでは、定額プランも実施しています。一番の特徴はワイモバイル同士の場合には通話料が無料になることです。時間制限はなく、24時間無料なのでかけたいときに電話をすることができます。そのほかの他社への電話や固定電話への通話の料金も参照しておくといいでしょう。

メールに関しても無料なので、まさに使い放題です。ほかのキャリアの料金プランなどと比較をして、利用を検討してみるといいでしょう。利用した時のイメージがつかない場合には、クチコミを参照にするといいです。クチコミの情報を参照するときには投稿された日付に注意しましょう。古過ぎる場合には、情報としての信頼性が薄いです。利用するときには新しい日付のものを参考にするようにしましょう。

ワイモバイルの使い放題キャンペーンとは

携帯電話を利用するときには、各キャリアの特徴を理解することが重要です。キャリアや携帯電話に関しての知識が高いほうが、利用者の満足のいく選択をすることができるからです。そのためには、特徴やサービス内容やキャンペーンの内容を十分に理解する必要があるでしょう。

各キャリアを比較するポイントはいくつもあります。利用者が優先する項目を書き出して、その条件に当てはまったキャリアを探すといいでしょう。多くの人がきにするポイントとして、利用するときの料金をあげることができます。できる限り、安く抑えたいといった要望がある場合には、ワイモバイルを選択するのもひとつの手段です。

ワイモバイルでは使い放題キャンペーンといったものが実施されています。特定の条件を満たすことで、高速でデータ通信を行う方法を使い放題とすることができます。申し込みは不要なので、利用しやすいのが特徴でもあります。キャンペーンなので、いつ終了するかはわかりませんが、利用するときには検討してみるといいでしょう。

ワイモバイル キャンペーンの選び方

ワイモバイルでは、こういったサービスやキャンペーンも随時更新していきます。利用するときには検討してみるのもいいでしょう。実際に使った人の感想を口コミで聞いてみるのもいいでしょう。選ぶときには、通信速度や対応エリアに関しても十分にチェックする必要があります。不安要素があるばあいには、スタッフに問合せをしてみましょう。信頼ができる企業が運営しているので、信頼度は高いです。

ワイモバイルのスマホプランSとは

ワイモバイルのスマホプランSは、パケット定額サービスが基本使用料に含まれている料金プランです。基本使用料月額3,980円で利用できます。スマホプラン割引を適用した場合には、加入月より25ヶ月間は2,980円で利用することができます。ただしこの割引は、ソフトバンクモバイル、ディズニー・モバイル・オン・ソフトバンクからMNP転入した場合には適用することができません。また、契約期間は2年で、契約を解除しない限り自動で更新されます。契約更新月以外の期間に解約する場合は、契約解除料9,500円が必要になります。さらに、月3円のユニバーサルサービス料が別途必要になります。
ワイモバイルのスマホプランSでは、高速データ通信が月々1GBまで利用可能です。1GBを超えた場合は、月末まで送受信時の速度が最大128Kbpsに制限されます。ただし、My Y!mobileから設定したり、ワイモバイルカスタマーセンターに申し込んだりして、500MBごとに500円支払うことで通常速度に戻すことも可能です。また、通話料金については、1回あたり10分以内の国内通話は、月300回までは無料でかけることができます。301回目以降や10分を超過した通話については30秒ごとに20円の通話料がかかります。この通話料については、月額1,000円のスーパーだれとでも定額に加入することで、時間や回数にかかわらず無料にすることができます。メールの送信料については、MMSが0円、SMSが1通あたり3円です。
なお、以上の料金は税抜き価格ですので、支払の際には消費税分を追加して支払う必要があります。

ワイモバイルのスマホプランMとは

ワイモバイルのスマホプランMとは、月額基本料金が398円で、3Gまでなら、高速データ通信が使えるプランとなっています。
なので、そこそこ携帯電話を使ってメールやブラウザを見る人にお勧めのプランです。
ワイモバイルでは、他のプランも存在していますが、スマホプランMの場合ですと、全く使わないわけではないけど、大量にデータを見たりすることがないという人におすすめのプランとなります。
また、ワイモバイルでは、スマホプランすべてに通話300回分無料がついてくるので、電話よりメールでのやり取りの方が少し多いという人にお勧めのプランとなっています。
また、月3Gまでは高速データ通信サービスが受けられるというだけでなく、超えてしまった場合、少し反応が遅くなりますが、問題なく使うことができます。
なので、今の携帯電話の利用状態を見て、月に3G程度のやりとりで収まっている人は、スマホプランMが一番最適と言えます。
少し超えた場合、遅くなってもデータ通信ができるのであれば、問題ないと考えている人でも、このプランを使うことにより、少しだけ通信速度が遅くなりますが、問題なくパケットを使うことができるようになっています。
また、このプランは通常2年契約での更新となるので、その間にワイモバイルのスマフォや携帯電話を解約することにした場合、解約料金がかかってくるので、注意が必要です。
解約料金は最終月の支払いと一緒に請求が来るようになります。

ワイモバイルのスマホプランLとは

ワイモバイルのスマホプランLは魅力的なプランです。料金表を見ていると、スマホプランでは最も低額のスマホプランSが目につくのでワイモバイルはライトユーザー向けのキャリア、スマホプランはライトユーザー向けのプランと言う気がしますが、実際には定額通信量の多いLプランもお得感があります。Sプランは月額通信量の上限が1GBと少なくこれでもメールや軽いWEB検索などでは十分ですし、WIFIと組み合わせることでまったく問題なく利用できる人も多いと思いますが、モバイルデータ通信がメインで様々なサービスを利用している人にははっきり足りないでしょう。そういうヘビーユーザーでも使える一般的な7GB上限のプランがスマホプランLです。料金は月額5980円とスマホプランSに比べて3000円高くなりますがそれでも基本料や通話し放題を含めての料金ですので、他キャリアと比べればまさに格安です。ワイモバイルならではの高速なデータ通信を十分に使うためのプランとしてお勧めです。更に7GBバイトを超えた場合も追加でデータ通信料を支払うことで500MB単位で通常速度の通信を購入することが出来るようになっていますので、安心して利用できます。500MBで500円と比較的購入しやすい金額設定です。もちろん使い料金を支払わない場合も、速度規制されるだけで利用できなくなることはないので安心です。速度規制後も、メール程度の用途には十分使えます。

WiMAXはアリ?

ワイモバイルとの比較としてWiMAXがしばしば登場します。どちらがいいのでしょうか?

まず、ワイモバイルの特徴としてスマホプランが挙げられます。特にスマホとWi-Fiルーターのセットにすることで割引が大きくなります。そのため、スマホ含めて契約回線を一新したいのであれば、ワイモバイルが適当です。

一方、Wi-Fiルーターのみを考えている場合ですが、こちらは一長一短となってきます。失敗しない選び方としては次のとおりです。

ポイントはデータ使用量が月7GBをゆうに超える場合

この場合、ワイモバイルでは月7GB以上の使用、もしくは3日で1GB以上の使用では通信制限がかかってきます。そのため、WiMAXのほうが満足できると思います。

そうではない場合。7GBまでは使わないかな、或いはトントンくらいかな、という場合ですね。この場合、ワイモバイルの方が月々千数百円安くなってきますので、ワイモバイルがおすすめです。

ただし、WiMAXでは独自のキャンペーンを展開しているケースもあり、それを含めた総額では、WiMAXの方がお得になる可能性も出てきます。例えばキャッシュバックであったり、タブレットのプレゼントであったりですね(参考:http://WiMAXタブレット無料.net)。

もちろんワイモバイルにもキャンペーンはありますから、そちらも併せて比較検討することが大切です。

まとめますと、あなたの月間使用量が月7GBを超えるかどうか。そしてキャンペーンを含めたお得度はどうか。この2点で判断すれば、失敗のないモバイル通信選びをすることができます。

このページの先頭へ