ワイモバイルのスーパーだれとでも定額について

最近の電話サービスには通話料定額制プランが増えてきました。以前の通話料定額制は、同じ携帯電話会社同士、あるいは携帯電話会社が同じで、なおかつ、指定した番号という制限がありましたが、最近のかけ放題プランは相手の電話が同じ携帯電話会社のものである必要がない、つまり、どこの携帯電話会社であっても、また固定電話やIP電話などでも大丈夫という風になっています。
ワイモバイルにもかけ放題プランがありますが、ワイモバイルの場合、プランは一つではなく二つあります。まず「だれとでも定額」というプランがあり、これは一回の通話が10分まで、また、かけ放題が適用される発信回数は月500回までという制限はありますが、相手がどの電話でもいいというものです。もう一つが「スーパーだれとでも定額」で、こちらはスーパーという名前通り、制限がまったくありません。なので、よく電話をかけるという人は、こちらのプランの方が向いているでしょう。
だれとでも定額とスーパーだれとでも定額は、内容に違いがある分、料金にも差があります。普通のだれとでも定額の方は月額934円ですが、スーパーの方は月額1500円です。勿論、この金額だけでかけ放題になるというわけではなく、ワイモバイルの基本料金に加えて上記の金額を払えばかけ放題になるということです。
誰とでも定額とスーパーの金額差は500円程度と小さいので、一回の通話が10分で収まることはないという場合はお得だと言えます。

このページの先頭へ