ワイモバイルの主回線と副回線について

最近の携帯電話のプランは、家族で同じキャリアを使った方が得になる傾向があります。たとえば、家族間で同じキャリアを使っている場合、通話料が無料になるといったサービスがあります。なので、夫婦のどちらかが単身赴任中の家族であったり、あるいは親と子供が離れて暮らしているといった場合に同じキャリアに加入するとお得だと言えるでしょう。
ワイモバイルにも家族割りサービスが存在します。たとえば、大元の契約者の回線を主回線として、家族の回線を副回線として契約することが可能です。ワイモバイルの家族割引サービスのメリットは、基本料金が得になるということです。
たとえば、ワイモバイルのスマートフォンを契約した場合は、基本料金から500円が割引になります。また、契約したのが携帯電話の場合は基本料金が無料になります。なので、祖父と祖母が家族にいた場合、あまり電話を自分からかけることはないが、家族の誰かが電話をかけることがあり、また万が一のためにも携帯を持たせたいというのであれば、副回線として携帯電話を契約すれば基本料無料で電話を持つことが出来るので金銭面でまったく負担がかからずにお得です。
スマートフォンの500円の割引というのは小さいように見えるかもしれませんが、通話プランのついているMVNOの料金と比べるとそれほど差はありませんし、また、利用する端末を契約者が自分で用意しないといけないMVNOと比べると、端末が最初からついてくるので契約してすぐに使えるのが便利だと言えます。

このページの先頭へ